株式会社ダイショウ

お問い合わせ

メインイメージ
トップページ > 事業内容 > 外張り断熱工法

外張り断熱工法

外張り断熱工法とは、住まいを柱の外側からすっぽりと全体を包んで断熱する工法です。 断熱材が柱・梁の外側にある為、断熱材が切れ目なく連続し、安定した高い断熱性や気密性が実現できて、電気代削減・環境への負荷削減へとつながります。 また外張り断熱では柱の外側で断熱するので、夏・冬を通して壁体内も室内と近い環境になり、室内との温度差が少なくなります。 そのため、壁体内の結露の可能性も少なくなります。

外張り断熱はしっかりした施工がしやすい

  • 施工がしやすい
  • 外張り断熱工法は柱の外に断熱施工するので断熱材を切れ目なく施工することができます。 また壁にある障害物の影響を受けないのも特徴です。 高断熱住宅では、すき間からの熱ロスも見逃せなくなりますので、建物全体の気密性能を高める必要があります。
  • すき間のできにくい「外張り断熱工法」は「充填断熱工法」に比べて気密性能を高めることが容易になります。 木材は発泡プラスチック系断熱材に比べると5~8倍、断熱性能が劣ります。 木造住宅では、表面積の約20%が木材による熱の逃げ道になっています。 この為、「充填断熱工法」では建物の木材部分から熱が逃げてしまうので、断熱材の厚さを増やしてカバーする必要があります。
  • これに対して、「外張り断熱工法」では木材は断熱材の内側に位置する為、木材の断熱性が、そのままプラスされます。
  • 株式会社ダイショウでは以上のような効果や、経済性を考慮し、旭化成のネオマフォームなど、高断熱材を使用した「外張り断熱工法」での施工を請け賜ります。

木材を味方にする外張り断熱工法

  • 木材を味方にする
  • 充填断熱工法では右のサーモグラフからも木材部分が低温になっているのが見てとれます。 このような熱の逃げ道を「熱橋」といいます。
  • 木造住宅では在来工法と2×4工法で多少異なるものの表面積の約20%が木材で占められ、熱橋となっています。 これに対し「外張り断熱工法」は断熱材が連続しているので、木材が熱橋とならず、逆に木材の断熱性能がプラスされます。
  • 次世代省エネ基準で、同じ断熱材を使用する場合、「充填断熱工法」では「外張り断熱工法」よりも断熱材を厚くする必要があります。

外張り断熱工法は結露しにくい

  • 結露しにくい
  • 壁の中の温度分布を見てみると、温度は断熱材の中で急激に変化します。 このため「充填断熱工法」では、壁体内の比較的室内側に近い点(A点)で、すでに温度が低下し始めます。 温度の低下した部分に、室内からの水蒸気が到達した場合、結露の可能性が高まります。
  • これに対し「外張り断熱工法」では断熱層が壁の外側に位置するため、壁体内の温度は水蒸気の流入側である室温と比べてあまり下がりません。 使用するプラスチック系の断熱材自体も結露のもととなる水蒸気をとおしにくいので、断熱材内部での結露の心配はありません。

関連ページ

page top